必要なお金を想像しておくことが大切です!

私は今年42歳になります。27歳で結婚して中学2年と小学4年の男の子がいます。今、貯蓄額は約3000万円です。妻は昨年の11月からパートを始めました。結婚してから一貫しているのは私が収支を管理していることです。金融機関に勤めていて年収はそれなりですが、だからと言って高級な車に乗ったり、多額の住宅ローンを抱えたりしないことがポイントだと思います。ボーナスはもらっても必要な費用以外は使いません。5年前に住宅ローンを組んで家をたてました。3300万円位の家でしたが、借り入れたお金は1300万で2000万円を頭金としました。

46歳のときに住宅ローンは完済します。そのとき長男が現役でいけば大学に入学するためそれまでのローン返済分を4年間の大学費用に充てるつもりです。会社は今の制度では55歳から給料が3割カットされますが、私が55歳のときには次男が現役でいけば大学を卒業します。貯蓄のコツは短期的な収支バランス(一カ月単位、年単位)と長期的な収支バランス(数年先、10年先、20年先)をシュミレーションしてどんなときにどのようなお金が必要なのかをよく把握しておいて貯蓄をしていくことです。「なんとなく貯める」ではなく「いつどれだけのお金が必要になるか」を考えながら「貯める」ことが肝要だと思います。